社長インタビュー

関根 英明
Sekine Hideaki
大協和工業株式会社
代表取締役社長

大協和工業株式会社をひとことで言うとどのような会社ですか?

皆さまの水まわりに関する不安材料をすべて取り除く会社と言えると思います。清掃や点検の積み重ねはもちろん、お客様の要望に応えるだけでなく、水質検査や改修工事など、皆さまを常に1歩リードしこちらからご提案していければと思います。今後も環境保全事業として社会貢献に尽力したいです。

特にどのような強みがありますか?

元は昭和49年に浄化槽の点検から始めた小さな会社でした。地元の埼玉に根付き、高い技術力で信頼と実績を積み上げ、貯水槽の清掃や給水設備の点検管理になどに事業を広げ細分化し、今のような形となりました。お客様に信頼いただいている丁寧な仕事とサービスが強みです。365日24時間の出動体制を整えているので、緊急時もお電話さえいただければ駆けつけます。

仕事の連携をとるために心がけていることはありますか?

工事課、清掃課、点検課、緊急課というように各課に分かれているのですが、情報を共有できるように毎朝の朝礼と、定期的な部会を行っています。私自身仕事を始めた頃は現場での作業が中心だったので、現場の声は大切だと考えています。意見を交換し、報告することで、お客様の声も反映させています。

どんな会社にしていきたいですか?

「技術集団」を育てていきたいです。お客様の立場で考え安全で安心な生活を提案するにも、それを裏付ける高い技術力があってこそだと思うのです。「待ち」の姿勢ではなく、より積極的に提案、リードできる会社にしていきたいですね。スタッフの教育にも力を入れているので、より技術力を伸ばしていけるよう努めたいです。

社内の雰囲気はどのような感じですか?

まじめで人あたりの良い社員が多いと思います。各部署、新入社員にもきちんと仕事を教えているので、チームワークよく仕事に取り組んでいます。

入社志望の方にメッセージをお願いします

大切な資源である水を誰もが安全に安心に、利用できる環境を作る重要な仕事です。技術を身に着け、共に成長しながら社会に貢献していきましょう。